ウェスティー③Lumina Quartz【ルミナ・クォーツ】

地球の宇宙事業を発展させたのは、月の地中深くに埋まっていた

ルミナ・クォーツだった。

前例の無いその試みに、最初に手を上げたのが、

元マクナガーデン社CEOのモンロー・マクナガーデンだった。

持っていたアンドロイド技術を応用した掘削技術で、ルミナ・クォーツを

掘り当てた。

多くの投資によって資金が集まり、宇宙開発技術は飛躍した。

そしてマクナガーデン社およびモンローは、

巨万の富を手に入れた。

そしてウェスティーが持っていたのは、ルミナクォーツを

見つけた遠征の期間後に、父モンローが母に渡した贈り物だった。

※実は母は月の民

掘り当ててるのを見てモンローに接触sチア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です