ジン③Jin Come Back【ジン・カム・バック】

「それにしても急に帰ってくるなんて。来るなら来るで、

連絡の一つぐらいよこしてよ。」

「いやあ~知られてから行くよりも、予告なしに来た方が

来る方も来られるほうも楽しいかなあ~って思ってさ。」

「あいかわらずだね。

それでどうする…?お茶?コーヒー?

あ、そういえばつい前にもらったばかりの茶葉があったわ!

聞いてよ、その茶葉ね、茹で沸かすと発光するの。

今出すからちょっと待って・・・」

そう言うと戸棚の中をゴソゴソし始めた。

それを見たヒロは言った。

「ああ、ごめん。さんそれはまた今度にするよっ!

すぐに行かなきゃいけない場所があるんだ!

それじゃ!」

「え・・!?ちょっとっ・・・・!」

タタタタタッ・・・。

「まったく・・せわしないんだから・・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です