ジン ウェスティー【ペンダントの話】

「ああ、ヒロ――来たのね。」

夜空の黒さの中で、より際立って見える肌の白さ。

普段はひた隠しにされているからだろう――、

露出した鎖骨と背中からは、

いつもの少女のような淑やかさではなく、

女性の魅力が醸し出されているようだった。

そこでヒロは気が付く。

「そのペンダントは、何?」

「あ、これ?これはね、金星から採れた宝石。

「金星?」

「母がくれたものなの。最初は宝石だったそうなんだけど、

私が身に付けられるようにペンダントにしてくれたの。」

「へぇ・・そりゃいい母さんだな。」

「フフ・・どうするヒロ?みんな来たみたいだけど、

会場へ戻らない。」

「ああ、そうだな。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です