ゼス【世界の中で】

春の大空に、身を委ねる。

前日まで振っていた雨は、今カラリと止んでいる。

濡れた舗装路を歩けば、濡れた土の香りが充満している。

朝日を浴びて、葉からしたたる雫がキラリと光っている。

俺は公園に一人来ていた。

雲一つない広大な蒼穹。

この日を待っていたのかと思ってしまうぐらい、桜が鮮やかな桃色を咲かせていた。

いないとすればアイツがいないということだけだ。

ソラは公園全体をキョロキョロと見渡す。誰も居ない。よし。

ゼスは、カバンを地面に落とし、ルースが立っていたその場所に立った。

ソラは眼下に広がる街の全景に目を凝らし、

辺りの音に耳を澄ませた。

でもだからこそ、忘れないうちに言うべきだ。

そう、いってやろう。あの言葉をーー

誰が何と言おうと、俺はこう思う。はっきりとこう言える。

いや言ってやろう。声を大にして。

そしてゼスは呟いた。

「MARVELOUS・・!」

その囁きが、宇宙せかいの中に融けたその瞬間―――

広大な宇宙の彼方で、また多くの”始まり”が音を立てて動き始めていた――――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です