ゼス ワイダ初対面

もうダメだ―――。

絶望に墜ちていく。

目の前に現れたのは、黒いオーラを纏った少女。

黒い髪と自分よりも小さな体。

だがどこか風格があった。

なんと少女は、一撃で倒した。

「大丈夫?」

彼女の華奢な手に立ち上がり、ゼスは立たせてもらった。

ーー

しばらくした後、その少女は病室にやってきた。

あの時はよく見ていなかったが、信じられないぐらい整った顔立ちだった。

可憐な見た目とは裏腹に、その態度からは凛とした内面の強さを感じ取れる。

どこか外面と内面にギャップがあるその少女は、話しかけてきた。

ーー

スペクターを捕まえるなら、私も協力する。

そうしてゼスはワイダを通じて、SOCIAL PLANETの存在を知り、

数年後加入することとなった。

ワイダ、いい名前だな。そう思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です