ゾイ③Darknight Drop【ダークナイト・ドロップ】

 月光に光る雲を抜け、その透明な”一滴しずく”は、

地球の海へと没した。

ぴとんっ。

量にすればわずかo.1mllにも満たない、宇宙より飛来した一滴しずく。

やがてその黒い液体は、海中のプランクトンを貪りはじめた。

やがて少し経ち、成長した液体は小魚を食み出した。

大きくなるにつれて、食べる魚の大きさも、その種類も

拡ふえていった。

少しずつ成長した液体は、満たされない渇きに翻弄される。

これは何だ‥?うん‥この味は…。これは違う…。

もっと大きく、もっと多彩に―――。

体験したことのない栄養素あじわいが要る。

やがて液体それは、地上に息づく生物たちに目を向けた。

人工灯に照らされた宇宙社会コミュニティー。

ぽつぽつと歩いている生物がごまんといる…。

液体それは、水面からそれらを見つめていた。

やがて――――

その街の光に誘われるがまま、液体は地下水路へと入っていった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です