ハンナ『独りの研究』

ハンナは研究室にいた。

無論、アポカリウスによって前の研究室はことごとく壊滅されられてしまったため、自らで新規に作った妖精園にて、妖精たちと共に過ごしている。

独りで過ごす時間が多くなったものの、ハンナにとってはそれは苦では無かった。自分が妖精を心の底から愛していることを知っている体からだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です