プライム③Trinity Brain【トリニティー・ブレイン】

『トリニティー・ブレイン』。

向かい合う三つの脳。静謐を崩さない紫色の液に漬けられ、大切に保管されている。

プライムたち一行は、中央の円広間へと足を踏みいれた。

そして自分たちを取り囲む三つの脳を見上げた。

岩のような大きさの脳に、見下ろされる。そしてその脳表面に

ぎゅるりと三つの目が飛び出した。

その異形の姿に、知っていたとはいえ、プライムたち一同の表情が凍り付く。

「ついに来たな。銀河の狂獣ども―――。」

その脳より創り出された、おぞましい声がプライムたち一行にむかって放たれる。

「我々はずっとこの地下で世界について見ていた。

 オマエたち全員の事も当然知っている。

 過去と現在も。どんな目的と動機をもってここへ来たのか―――

 そしてこれからおまえたちが辿る未来も、私にはすべて見通せる―――。」

「争う気はない。その力を見込んで、話をしにきた。」

「そうか―――。では話を聞こうではないか。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です