ルース ゼス【ルースとの別れ】

「行くのか?」

「ああ、そうだね。

「もう まもなくだ。」

「たとえどんな日であろうと、地球こうして、欠かすことなく太陽を出迎える。

過去は夜とともに消えさり、太陽が新たな未来をもたらす。

マーベラスな地球ほしだ。」

「でも、行くんだろ?」

「ああそうだね。他にもやりたいことがたくさんあるからね。

 まずはひとつひとつ、やっていこうと思う。」

そしてそこには必ず”出会い”と”驚き”が待っている。

嫌なことも良いことも同じくらい起こるかも。

でも全ての経験が、ボクにとっての貴重な財産。

それで、キミはどうするんだ?」

「俺は・・・伯父さんに会いに行こうと思う。」

「どうして?」

「動機が必要か?」

「キミは聞いただろ?」

「相変わらず、すげぇ記憶力だな。」

「まあでも良かったよ。」

「良かった?」

「初めて旅に誘ったとき、キミはイヤな顔をした。

でも今は、違うみたいだね。」

「だからアンタとは、今後いっさい会えないかもしれない。

「そうとは限らない。」

「限るだろ。場所の特定できないアンタを、だだっぴろい宇宙でどう探すんだ?」

「電話してくれ。」

正直に、素直に。

「アンタに出会えて、良かった。」

「ああかならず、また会おう」

素っ気ねぇな。

「ソラ、ボクも会えて良かったよ。キミはマーベラスな存在だ。」

「地球のビザは?」

「持ってない。ボクは正式ルートはキライでね」

青空の向こうに消えていった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です